豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 環境・生命工学系 生命科学研究室

Umekage group

HOME研究内容メンバースタッフ発表過去のニュースコンタクトEnglish

RESULTS

発表論文

(* corresponding author)

14. Orito, N., Umekage, S., Sato, K., Kawauchi, H., Sakai, E., Tanaka, T. and Kikuchi, Y.,
High affinity RNA aptamers to C-reactive protein (CRP): newly developed pre-elution methods for aptamer selection, (2012)
J. Phys. Conf. Ser.,352, 012042

13. Umekage, S.*, Uehara, T., Fujita, Y., Suzuki, H. and Kikuchi, Y.
In vivo circular RNA expession by the permuted intron-exon method,(2012)
InTech, "Inovations in Biotechnology", ISBN 979-953-307-671-2,

12. Suzuki, H., Umekage, S., Tanaka, T. and Kikuchi Y.
Artificial RNA aptamer production by the marine bacterium Rhodovulum sulfidophilum: Improvement of the aptamer yield using a mutated transcriptional promoter, (2011)
J. Biosci. Bioeng., 112(5), 458-461

11. Kikuchi S., Suzuki, H., and Umekage, S.
Produktion definierter RNAs im Kulturüberstand von Bakterien (in German)(Invited), (2010)
Laborwelt, 1, 6-7 (mini review)

10. Suzuki, H., Ando, T., Umekage, S., Tanaka, T. and Kikuchi, Y.
Extracellular production of an RNA aptamer by ribonuclease-free marine bacteria harboring engineered plasmids: a proposal for industrial RNA drug production, (2010)
Appl. Environ. Microbiol., 76(3), 786-793

9. Ochi, A., Umekage, S.* and Kikuchi, Y.
Non-enzymatic in vitro production of circular hammerhead ribozyme targeting the template region of human telomerase RNA, (2009)
Nucleic Acids Symp. Ser., 53, 275-276

8. Suzuki, H., Daimon, M., Awano, T., Umekage, S., Tanaka, T. and Kikuchi, Y.
Characterization of extracellular DNA production and flocculation of the marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum, (2009)
Appl. Microbiol. Biotechnol., 84(2), 349-356

7. Umekage, S.* and Kikuchi, Y.
In vivo circular RNA production using a constitutive promoter for high-level expression, (2009)
J. Biosci. Bioeng., 108(4), 354-356

6. Umekage, S.* and Kikuchi, Y.
In vitro and in vivo production and purification of circular RNA aptamer, (2009)
J. Biotechnol., 139(4), 265-272 (2008 Epub ahead of print)

5. Suzuki, H.,Umekage, S., Tanaka, T. and Kikuchi, Y.
Extracellular tRNAs of the Marine Photosynthetic Bacterium Rhodovulum sulfidophilum are not Aminoacylated, (2009)
Biosci. Biotechnol. Biochem., 73(2), 425-427

4. Umekage, S.* and Kikuchi, Y.
Production of circular streptavidin RNA aptamer in vivo, (2007)
Nucleic Acids Symp. Ser. , 51, 391-392

3. Umekage, S. and Kikuchi, Y.
Production of circular form of streptavidin RNA aptamer in vitro, (2006)
Nucleic Acids Symp. Ser. , 50, 323-324

2. Shimizu, Y., Kuruma, Y., Ying, B.W., Umekage, S. and Ueda, T.
Cell-free translation system for protein engineering, (2006)
FEBS J., 273(18), 4133-4140


1. Umekage, S. and T Ueda,
Spermidine inhibits transient and stable ribosome dissociation, (2006)
FEBS Lett., 580(5), 1222-1226

ページの先頭に戻る

招待講演

1. 梅影創、鈴木宏道、小松浩之、菊池洋
海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilumの菌体外核酸の能動的な放出現象と機能性RNA生産への応用
Active production of extracellular nucleic acids from Rhodovulum sulfidophilum and its application for RNA drug production
第84回日本生化学会大会、2011年9月21日‐24日、国立京都国際会館

ページの先頭に戻る

特許

5.「改良されたオリゴヌクレオチドおよびそのオリゴヌクレオチドを含む医薬組成物」
梅影創、藤田隼輔、藤沼輝、菊池洋 特願

4.「改良されたオリゴヌクレオチドおよびそのオリゴヌクレオチドを含む医薬組成物」
梅影創、越明徳、菊池洋 国際出願PCT/JP2012/064491

3.「改良されたオリゴヌクレオチドおよびそのオリゴヌクレオチドを含む医薬組成物」
梅影創、越明徳、菊池洋 特願2011-120806

2.「芽胞形成菌に特異的に結合するRNAアプタマー」
菊池洋、田中照通、梅影創 特開2009-39033

1.「RNA製造方法」
菊池洋、田中照通、梅影創、鈴木宏道 特願2007-295188号

ページの先頭に戻る

これまでに受領した研究助成

平成25年度
・公益財団法人発酵研究所 平成25年度一般研究助成(研究課題2)(平成25-26年)「海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilumの菌体外RNA生産メカニズムの解明による効率的RNA発酵生産手法の開発」
・学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究(平成24-26年)「凝集型RNA薬剤のデザイン」
・基盤A(平成25-27年)(分担)
平成24年度
・学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究(平成24-26年)「凝集型RNA薬剤のデザイン」
・財団法人東海産業技術振興財団 第24回研究助成「アガロースヒドロゾル・ゲルに対して結合性を示す人工RNA配列を利用したRNA結合性蛋白質の網羅的回収方法の開発」

平成23年度
・立松財団平成23年度研究助成「RNA創薬への応用を目指したヒト血清中で安定なRNA構造の解明」
・武田科学振興財団薬学系研究奨励「ヒト血清中で安定な天然型ハンマーヘッドリボザイム」
・学内競争的経費

平成22年度
・A-STEP「FSステージ 探索タイプ」(JST)「ヒト血清中で安定なRNAモチーフの解明」
・野田産業科学研究所・奨励研究助成「海洋性光合成細菌を用いた機能性RNAの発酵生産」
・学内競争的経費

平成21年度
・学内競争的経費
・基盤B(平成18年-21年)(分担)

平成20年度
・基盤B(平成18年-21年)(分担)

平成19年度
・立松財団 第15回研究助成
・市原国際奨学生財団 第15回研究助成
・財団法人内藤科学技術振興財団 第19回研究助成
・シーズ発掘試験(JST)
・基盤B(平成18年-21年)(分担)
・特定領域(平成18年-19年)(分担)

平成18年度
・東海学術奨励財団
・基盤B(平成18年-21年)(分担)
・特定領域(平成18年-19年)(分担)

この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ページの先頭に戻る

Copyright (C) Umekage group. All Rights Reserved.