国際会議 国内 招待講演

国際会議

2010

  1. 13th International Symposium on Microbial Ecology (2010, Seattle, WA, USA)
    Hiromichi Suzuki, Yoshinobu Fujita, So Umekage, Terumichi Tanaka, and Yo Kikuchi
    Efficient extracellular production of functional RNAs by marine phototrophic bacterium Rhodovulum sulfidophilum


2009

  1. 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(2009,Kouchi,Japan)
    Ochi, A., Umekage, S., and Kikuchi, Y.
    Non-enzymatic in vitro production of circular hammerhead ribozyme targeting the template region of human telomerase RNA


2008

  1. Joint Symposium of 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2008,Kyoto,Japan)
    Fujimoto, A., Suwa, S., Nagai, Y., Kikuchi, Y., and Tanaka, T.
    Subsites for substrate recognition by bacterial ribonuclease P

2007

  1. 22nd tRNA workshop (2007. 11.1-6 Uppsala, Sweden) P29
    Suzuki, H., Umekage, S., Tanaka, T., Hiraishi, A., and Kikuchi, Y.
    Extracellular tRNAs of marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum : structural analyses

  2. 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(2007,Tokyo,Japan) Nucleic Acids Symposium Series No. 20, 371-372.
    Tanaka, T., and Kikuchi, Y.
    Mutational analysis on the S-domain of bacterial ribonuclease P ribozyme

  3. 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(2007,Tokyo,Japan) Nucleic Acids Symposium Series 20, 391-392.
    Umekage, S., and Kikuchi, Y.
    Production of circular streptavidin RNA aptamer in vivo


2006

  1. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (2006. 6.18-23 Kyoto, Japan) 2P-C-075
    Suzuki, H., Ando, T., Awano, T., Tanaka, T., Hiraishi, A., and Kikuchi Y.
    Extracellular nucleic acids of marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum.



2005

  1. International Conference on Chemical Biology (2005. 7.2-7 Novosibirsk, Russia) p39,
    Ando, T., Suzuki, H., Komura, K., Tanaka, T., Hiraishi, A., and Kikuchi, Y.
    Characterization of extracellular DNAs and RNAs produced by a marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum.

  2. 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(2005,Fukuoka,Japan)
    Tanaka, T., Kanda, N., and Kikuchi, Y.
    Regulation of ribozyme activity by engineered protein switch



2004


2003

  1. 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2003.09.17-19; Sapporo),
    Tanaka, T., Ando, T., and Kikuchi, Y.
    Revisiting the substrate recognition of bacterial ribonuclease P: in the view of the recognition of the base N73 in the substrate (Poster)

  2. 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2003.09.17-19; Sapporo),
    Nishimura, S., Tanaka, T., Fujita, K., Itaya, M., Hiraishi, A., and Kikuchi, Y.
    Extracellular DNA and RNA produced by a marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum (Poster)

  3. 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2003.09.17-19; Sapporo),
    Nagai, Y., Ando, T., Tanaka, T., and Kikuchi, Y.
    Recognition of tRNA bottom half by bacterial ribonuclease P (Poster)

  4. 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2003.09.17-19; Sapporo),
    Ando, T., Tanaka, T., and Kikuchi, Y.
    Bacterial ribonuclease P reaction is affected by substrate shape and magnesium ion concentration (Poster)

  5. 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2003.09.17-19; Sapporo),
    Tomita, S., Tsuge, K., Kikuchi, Y., and Itaya, M.
    Application of recombination transfer to the cognate Bacillus subtilis genome (Poster)

  6. The 20th tRNA Workshop (2003.10.03-06; Banz, Germany)
    Kikuchi,Y., Hori,Y., Bichenkova,E.V., Wilton,A.N., Tanaka,T., and Douglas,K.T.
    Inhibitors for ribonuclease P ribozyme (Poster)

  7. The 20th tRNA Workshop (2003.10.03-06; Banz, Germany)
    Tanaka,T., Ando,T., Nagai ,Y. and Kikuchi,Y.
    Substrate shape specificity of bacterial ribonuclease P (Poster)

  8. RNA 2003 Kyoto (2003.11.24-27; Kyoto)
    Tanaka,T., Ando,T., Nagai ,Y. and Kikuchi,Y.
    Molecular co-evolution model between tRNA and RNase P suggests the stabilization strategies of cloverleaf structure of tRNA (Poster)


2002

  1. EMBO workshop on Ribozymes and RNA catalysis. (2002.08.23-27; Dundee, Scotland, UK),
    Tanaka,T., Ando,T., Hori,Y. and Kikuchi,Y.
    Bacterial Ribonuclease P ribozyme --- in the view of unusual catalysis (Poster)

  2. EMBO workshop on Ribozymes and RNA catalysis. (2002.08.23-27; Dundee, Scotland, UK),
    Hori,Y., Bichenkova,E.V., Sadat-Ebrahimi,S., Wilton,A.N., El-Attug,M.N., Tanaka,T.,Douglas,K.T.,and Kikuchi,Y.
    Inhibition of ribonuclease P reaction (Poster)




国内

2010

  1. 第12回日本RNA学会年会(東京、2010年7月)
    鈴木 宏道、藤田 能亘、梅影 創、田中 照通、菊池 洋
    RNase低活性細菌によるストレプトアビジンRNAアプタマーの発酵生産


  2. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2010年12月)1W21-2(ワークショップ)
    Yo Kikuchi, Hiromichi Suzuki, So Umekage
    Extracellular nucleic acids of the marine bacterium Rhodovulum sulfidophilum and extracellular production of an RNA aptamer using this bacterium


  3. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2010年12月)1T6-12(2P-1262)
    So Umekage, Yukiko Enami, Yo kikuchi
    Kinetically designed rational aptamer selection


  4. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2010年12月)2P-1254
    Hiromichi Suzuki,So Umekage, Terumichi Tanaka, Yo kikuchi
    Improvement of the rrn promoter for extracellular production of functional RNAs by marine phototrophic bacterium Rhodovulum sulfidophilum


  5. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2010年12月)3P-1346
    Akinori Ochi, So Umekage, Yo kikuchi
    The availability of circularized hammerhead ribozyme by Permuted Intron-Exon method



2009

  1. 第14回高専シンポジウム(高知、2009年1月)
    梅影創、菊池洋
    トランスファーRNA(tRNA)スキャホールド法による環状型機能性RNAの発酵生産


  2. 第14回高専シンポジウム(高知、2009年1月)
    越智明徳、梅影創、菊池洋
    ヒトテロメレースRNA(hTR)を標的とした環状型ハンマーヘッドリボザイムの開発


  3. 日本農芸化学会2009年度大会(福岡、2009年3月)2P0014B
    梅影創、菊池洋
    環状型RNAの簡便な菌体内生産法


  4. 日本農芸化学会2009年度大会(福岡、2009年3月)2P0015B
    越智明徳、梅影創、菊池洋
    ヒトテロメレースRNA(hTR)を標的とした環状型ハンマーヘッドリボザイムの開発


  5. 日本農芸化学会2009年度大会(福岡、2009年3月)2P0016B
    藤田能亘、鈴木宏道、梅影創、田中照通、菊池洋
    海洋性光合成細菌を用いた機能性RNAの効率的発酵生産 -生成RNAの安定化法


  6. 第82回日本生化学会大会(神戸、2009年10月)
    越智明徳、梅影創、菊池洋
    ヒトテロメレースRNA(hTR)の鋳型領域を標的とした環状型ハンマーヘッドリボザイムの開発


  7. 第82回日本生化学会(神戸、2009年10月)4P−820
    鈴木宏道、大門正英、梅影創、田中照通、菊池洋
    海洋性光合成細菌を用いた機能性RNAの発酵生産 -rrn プロモーターによる大量生産-


  8. 第32回日本分子生物学会年会(横浜、2009年12月)2P-0296
    藤本章裕、菊池洋、田中照通
    大腸菌リボヌクレアーゼPの基質認識に関してのS-ドメインの役割


  9. 第32回日本分子生物学会年会(横浜、2009年12月)4P-0818
    藤田能亘、鈴木宏道、梅影創、田中照通、菊池洋
    海洋性光合成細菌を用いた機能性RNAの効率的発酵生産 -生成物の末端構造の違いによる生産性への影響-



2008

  1. 日本農芸化学会2008年度大会(名古屋、2008年3月)3A28p14
    鈴木宏道、安藤智朗、梅影創、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum を用いた機能性RNA生産法


  2. 第10回日本RNA学会(札幌、2008年7月)
    藤本章裕、菊池洋、田中照通
    大腸菌リボヌクレアーゼPにおける基質認識メカニズムの解析


  3. 第10回日本RNA学会(札幌、2008年7月)O−14
    鈴木宏道、安藤智朗、梅影創、田中照通、平石明、菊池洋
    機能性RNAの発酵生産


  4. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2008年12月)2P-1465
    鈴木宏道、粟野智幸、大門正英、梅影創、田中照通、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が生産する菌体外DNAの挙動と解析


  5. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸、2008年12月)
    田中照通、菊池洋
    真正細菌リボヌクレアーゼPにおけるヘアピン型RNA基質とL字型 tRNA前駆体基質の認識の違い



2007

  1. 第9回日本RNA学会(名古屋、2007年7月)O−45
    鈴木宏道、梅影創、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が菌体外へ生成するtRNAの解析


  2. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(横浜、2007年12月)4P-1332
    鈴木宏道、安藤智朗、梅影創、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum を用いた機能性RNA生産法


  3. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(横浜、2007年12月)
    梅影創、菊池洋
    環状RNAアプタマーのin vivo 発現とその精製



2006

  1. 日本農芸化学会2006年度大会(京都、2006年3月)3C22P15
    鈴木宏道、安藤智朗、粟野智幸、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum の菌体外核酸分泌に関する研究


  2. 第8回日本RNA学会年会(淡路島、2006年7月)p.93
    田中照通、諏訪啓、永井康裕、梅影創、菊池洋
    リボヌクレアーゼPによるtRNA分子の品質管理


  3. 第33回核酸化学シンポジウム(大阪、2006年11月)Nucleic Acids Symposium Series No. 50, 323-324.
    So Umekage and Yo Kikuch
    Production of circular streptavidin RNA aptamer in vitro


  4. 日本分子生物学会2006フォーラム(分子生物学の未来)(名古屋、2006年12月)p.27
    梅影創、菊池洋
    環状RNAアプタマーのin vivo発現



2005

  1. 日本農芸化学会2005年度大会(札幌、2005年3月)30F359α
    安藤智朗、小村仁人、鈴木宏道、田嶋詠士、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilumが菌体外に生産するDNAおよびRNAに関する研究


  2. 第7回RNAミーティング(広前、2005年8月)P-39
    田中照通,神田直美,菊池洋
    真正細菌リボヌクレアーゼPのP3ドメインの役割の検討とプロテインスイッチの導入によるリボザイム活性の制御


  3. 第28回日本分子生物学会(博多、2005年12月)1P-0013
    安藤智朗、鈴木宏道、粟野智幸、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌の菌体外核酸分泌に関する研究


  4. 第28回日本分子生物学会(博多、2005年12月)2P-0742
    諏訪哲、永井康弘、田中照通、菊池洋
    大腸菌リボヌクレアーゼPの基質認識:形状変異体基質を用いた解析


  5. 第28回日本分子生物学会(博多、2005年12月)3P-1074
    佐子浩子、栗田弘史、中野道彦、小松旬、菊池洋、桂進司、水野彰
    クエンチングを利用したDNAアプタマーセレクション法の開発



2004

  1. 第6回日本RNA学会(熊本、2004年8月)
    安藤智朗、鈴木宏道、西村誠一郎、田中照通、平石明、菊池洋
    細胞外に分泌されるRNA -海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum の菌体外RNAの解析


  2. 第6回日本RNA学会(熊本、2004年8月)
    田中照通、諏訪啓、永井康裕、安藤智朗、菊池洋
    tRNA前駆体の形状変異体を用いた真正細菌ribonuclease Pの基質認識機構の解析


  3. 第31回核酸化学シンポジウム(東京、2004年11月)
    安藤智朗、鈴木宏道、西村誠一郎、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が菌体外に分泌するRNA


  4. 第31回核酸化学シンポジウム(東京、2004年11月)
    Tanaka, T., Haga, N., Kanda, N., Ando, T., and Kikuchi, Y.
    Mutational analyses of neighboring domains of active center of RNase P ribozyme.


  5. 第27回日本分子生物学会(神戸、2004年12月)
    鈴木宏道、安藤智朗、西村誠一郎、田中照通、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が菌体外へ分泌するRNA


  6. 第27回日本分子生物学会(神戸、2004年12月)
    小村仁人、田嶋詠士、安藤智朗、平石明、菊池洋
    海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が生産する菌体外DNAに関する研究



2003

  1. tRNAの形状変異体を用いた真正細菌リボヌクレアーゼPの基質認識の解析
    日本農芸化学会 (2003):永井康裕、安藤智明、田中照通、菊池洋


  2. 真正細菌リボヌクレアーゼPのマグネシウムイオン濃度に依存した基質形状認識
    日本農芸化学会 (2003):安藤智明、田中照通、菊池洋


  3. 海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が分泌生産する菌体外核酸の解析
    日本農芸化学会 (2003):西村誠一郎、田中照通、藤田京子、板谷光泰、平石明、菊池洋


  4. 試験管内転写による短鎖RNA酵素合成の最適化
    日本分子生物学会(2003):藤本美和、坂井悦子、田中照通、菊池洋


  5. 真正細菌リボヌクレアーゼPリボザイム及びホロ酵素の基質形状認識
    日本分子生物学会(2003):安藤智朗、田中照通、菊池洋


  6. 真正細菌リボヌクレアーゼPのP3部位の役割の解析
    日本分子生物学会(2003):神田直美、田中照通、安藤智朗、菊池洋


  7. 真正細菌リボヌクレアーゼPのtRNAボトムハーフにおける基質認識の解析
    日本分子生物学会(2003):永井康裕、安藤智明、田中照通、菊池洋


  8. 枯草菌に特異的に結合するRNAアプタマー
    日本分子生物学会(2003):橋場貴明、妹尾誠、田中照通、菊池洋


  9. 枯草菌ゲノム工学:自然に生じた枯草菌ゲノムの大規模構造転位
    日本分子生物学会(2003):富田悟志、田中暉夫、柘植謙爾、菊池洋、板谷光泰



2002

  1. リボヌクレアーゼPの基質認識に関する研究
    日本農芸化学会 (2002):安藤智明、堀義明、田中照通、菊池洋


  2. 真正細菌においてtRNA イントロンはなぜ消えた?
    日本RNAミーティング(2002):田中照通、安藤智朗、堀義明、菊池洋


  3. 真正細菌リボヌクレアーゼPのハイパープロセシング反応における基質認識
    RNAミーティング (2002):安藤智朗、堀義明、田中照通、菊池洋


  4. tRNAの高次構造安定性に対するイントロンの役割:アプタマーを導入した人工イントロンについて
    日本分子生物学会(2002):望月大悟、安藤智朗、堀義明、田中照通、菊池洋


  5. 真正細菌リボヌクレアーゼPのハイパープロセシング反応におけるマグネシウムイオンの影響
    日本分子生物学会(2002):安藤智朗、堀義明、田中照通、菊池洋


  6. tRNA構造安定性への長いエキストラループの影響
    日本分子生物学会(2002):小村仁人、堀義明、田中照通、菊池洋



2001

  1. 大腸菌リボヌクレアーゼP反応におけるガイドDNAによる促進
    第3回 RNAミーティング(2001):堀義明、馬場英雄、田中照通、菊池洋


  2. 大腸菌リボヌクレアーゼPの基質特異性を利用した各種tRNAのクローバーリーフ構造安定性の評価
    RNAミーティング(2001):田中照通、堀義明、安藤智明、菊池洋


  3. 大腸菌プラスミドによる枯草菌の形質転換
    日本分子生物学会 (2001):伊藤美穂、田中照通、菊池洋


  4. Sphingomonas yanoikuyae に特異的に結合するRNAアプタマー
    日本分子生物学会 (2001):中野徹、田中照通、平石明、菊池洋


  5. リボヌクレアーゼPによるハイパープロセシング反応に対するtRNAイントロンの影響
    日本分子生物学会 (2001):安藤智明、西村明幸、坂井悦子、堀義明、田中照通、菊池洋


  6. tRNA構造安定性への長いエクストラループの影響
    日本分子生物学会(2001):小村仁人、堀義明、坂井悦子、田中照通、菊池洋



2000

  1. 大腸菌リボヌクレアーゼPによりハイパープロセスされる真核生物のtRNA
    日本農芸化学会(2000):堀義明、馬場英雄、田中照通、菊池洋


  2. Transfer RNA のクローバーリーフ構造は如何に獲得されたか?
    日本農芸化学会 (2000):田中照通、菊池洋


  3. Transfer RNA のクローバーリーフ構造は如何に獲得されたか?
    RNAミーティング(2000):田中照通、菊池洋


  4. Role of the intron andlongextra loop within transfer RNA molecule
    日本分子生物学会(2000):田中照通、菊池洋


  5. 基質認識におけるリボヌクレアーゼPタンパク質サブユニットの役割の解析
    日本分子生物学会 (2000):馬場英雄、堀義明、田中照通、菊池洋


  6. 合成ベンズイミダゾールによるM1 RNA反応の阻害
    日本分子生物学会 (2000):堀義明、S.Sadat-Ebrahimi、A.N.Wilton、M.N.El-Attug、田中照通、K.T.Douglas、菊池洋


  7. Isomaltotrioseに結合するRNAアプタマーの創製
    日本分子生物学会 (2000):安田裕史、田中照通、菊池洋

1998

  1. タンパク質分解酵素サチライシンを阻害するRNAアプタマーの創出
    日本農芸化学会大会 (1998):山本征治、中元直樹、竹野宏、坂野好幸、田中照通、菊池洋


  2. In vitro selection of RNA protease inhibitors
    中部科学関係学協会支部連合秋季大会 (1998):田中照通、山本征治、竹野宏、坂野好幸、菊池洋



1997

  1. Subtilisinに結合するRNAアプタマー
    日本生化学会大会 (1997):竹野宏、田中照通、菊池洋


  2. リボヌクレアーゼPのin vitroハイパープロセッシング反応を利用した動的tRNAの検索
    日本分子生物学会大会 (1997) 京都会場:堀義明、田中照通、菊池洋


  3. ラットの補体制御因子のmRNAに対するハンマーヘッド及びヘアピンリボザイムの設計とそのin vitro活性
    日本分子生物学会大会 (1997):乾統、田中照通、 土肥名月、 岡田秀親、菊池洋


  4. イソマルトトリオースに結合するRNAアプタマーの創成
    日本分子生物学会大会 (1997):山田聡、田中照通、坂野好幸、菊池洋





招待講演

  1. 第42回研究交流セミナー・第17回静岡フォーラム  バイオの世界をのぞいてみたい‐最先端の研究を題材に‐(静岡県浜松市、2009年10月)
    鈴木宏道、菊池洋:細胞外へDNA、RNAを放出する細菌−その生理学的意義と応用

  2. 慶応義塾大学 先端生命科学研究所セミナー招待講演(鶴岡、2008年4月)
    菊池 洋:私たちのRNA研究:夢のようなお話しと現実的なお話し(「tRNAの形はどこから来たか」、「細胞外へ核酸を放出する細菌Rhodovulum sulfidophilum :機能性RNA生産への応用」)

  3. 鹿児島大学 生物資源化学セミナー(鹿児島、2006年4月)
    菊池 洋:RNAワールドテクノロジー:強力プロテアーゼに対するRNA型阻害剤(アプタマー)の創製

  4. 第31回生命の起原および進化学会学術講演会(山形、2006年3月)
    1) 特別招待講演
    菊池 洋:tRNAの形の起原:現在のtRNAに見られる単純な構造の痕跡
    2) シンポジウム「試験管内進化工学技術で何ができるか」
    菊池 洋:RNAワールドテクノロジー:強力プロテアーゼを阻害するRNAの創製

  5. 山形大学 理学部 集中講義(山形、2005年11月)
    菊池 洋:「生命反応化学精選VII」(RNA学)

  6. 山形大学 理学部 講演会(山形、2005年11月)
    菊池 洋:海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が生産する菌体外DNAおよびRNAの解析

  7. 日本植物学会第69回大会 シンポジウム「植物のRNA生物学:遺伝子発現からRNA工学まで」(富山、2005年9月)
    菊池 洋:海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilum が生産する菌体外RNAの解析

  8. 第235回細胞工学研究会講演会・第127回遺伝子機能解析分野セミナー(島根大学生物資源学部)(島根、2005年6月)
    菊池 洋:RNAワールドテクノロジー:強力プロテアーゼに対するRNA型阻害剤(アプタマー)の創製












Designed by CSS.Design Sample